夏物のブラックフォーマルを用意する

ブラックフォーマルB-GALLERY

夏物のブラックフォーマルを用意する

 夏物のブラックフォーマルを選ぶには、コツがあります。 よく汗をかく時期ですので、吸汗性があり、かつ速乾性のある布地で作られたものが最適です。できれば更に防臭効果があり、しみになりにくい素材が使われているものがいいでしょう。 とは言え、葬儀や法事が夏にあるとは限りません。冬場や春・秋には着られない、着る機会が極めて限られた夏物のブラックフォーマルを用意するのに抵抗がある人は、夏を基調にしたオールシーズン対応のブラックフォーマルをあつらえるという手もあります。 夏向けの裏地付きの半袖ワンピースに、長袖の上着を組み合わせた、いわゆるアンサンブルタイプのものです。夏場には半袖ワンピースのみ着用し、それ以外の季節には、長袖の上着も着るというタイプです。

真冬はこれだけでは寒いので、更に黒のコートも着用します。 このオールシーズン対応のタイプだと、ブラックフォーマルに掛ける費用は抑えられます。ただしどうしても、夏場は暑いのに、冬場は寒いということになりがちですので、余裕があれば、夏物と冬物の2着のブラックフォーマルを用意しておきたいものです。そうすれば、夏は暑さを意識しなるべく暑くないものを、冬は寒さを意識して防寒性の高いものを着用できて、着心地がアップします。 またブラックフォーマルは厳密には喪服ではなく、冠婚葬祭全ての礼服にも使えるマルチタイプのウェアですので、結婚式や他の行事にも着まわしできるタイプのブラックウェアにすれば、コストパフォーマンスはよくなります。そこまで考えて、夏物や冬物などを用意しておきたいものです。