20代で作ったブラックフォーマルが40代になっても大活躍

ブラックフォーマルB-GALLERY

20代で作ったブラックフォーマルが40代になっても大活躍

 20代前半で結婚した時、これから必要になるんだからと言って、母がブラックフォーマルをプレゼントしてくれました。半袖のワンピースとジャケットのアンサンブルで、季節を問わず着ることができるものです。当時はバブル全盛期で、流行のファッションにはすべて甲冑のような肩パッドが埋め込まれるのが普通でした。母にもらったブラックフォーマルにも当然のように肩パッドが入っていましたが、そんなものだと思っていたので当時はあまり気にしていませんでした。デザインがシンプルかつ上品で素材も良かったので、とても気に入っていました。 

せっかくのブラックフォーマルですが、20代の頃は数えるほどしか出番がなく、その数回の出番も、半袖のワンピースだけで事足りる季節だったので、いかつい肩パッド入りのジャケットを着る機会はありませんでした。30代になると子供の卒業式などでブラックフォーマルを着る機会が増え、肩パッド入りのジャケットは流行遅れな上に見た目もかっこ悪いことが気になり始めました。 何度か肩パッドをつけたまま着用したのですが、若い頃は流行していることもあってかそれほど気にならなかった肩パッドが、中年体型に向かいつつある自分では着こなせなくなっていることに気がつき、思い切ってリフォームにだすことにしました。肩パッドを抜いてもらうことにより、落ち着いたシルエットのブラックフォーマルになり、40代の今も、節目ごとに活躍してくれます。かなり高価なものだったと思うのですが、一生ものということで、いいものをプレゼントしてもらってよかったです。これからも大切に着ていきたいと思います。