ブラックフォーマルと喪服

ブラックフォーマルB-GALLERY

ブラックフォーマルと喪服

 ブラックフォーマルと言えば、喪服を連想します。 もちろんそれは間違っていません。お通夜やお葬式などの葬儀や一周忌などの法事に際して喪服として着用ですが、ブラックフォーマルは喪服だけに留まりません。 インナーブラウスを変えておしゃれなアクセサリーもつければ、家族の入学式や卒業式など行事や友人の結婚式などで礼服としても着ることが出来ます。ブラックフォーマルとは冠婚葬祭の全てに使えるマルチなウェアを指して言います。 用途が喪服に限らなければ、着用する機会も多く、その分、コストパフォーマンスは良くなります。逆に、よく着用するものなので、それなりの値段の上質なものを1着用意しておいて無駄にはなりません。 

一昔前までは、喪服という用途から、女性用のブラックフォーマルはワンピースタイプやツーピースタイプ、スカートが定番でしたが、最近では正喪服以外の準喪服、略喪服としてはパンツスタイルも受け入れられてきたので、パンツスーツのブラックフォーマルもいろいろ売られるようになりました。 パンツタイプには、メリットもあります。冬場の葬儀に際しての冷えを防止できますし、葬儀や法事に際してお手伝いをする場合に、スカートタイプよりもパンツタイプの方が動きやすく、戦力として役に立ちます。 とは言え、お年寄りなど古風な人が多く参列する葬儀ではパンツタイプは避けたほうが無難ですが、最近ではそういうケースにも対応できるように、ジャケット、ブラウス、パンツの3点セットではなく、ジャケット、ブラウス、パンツ、スカートの4点セットのブラックフォーマルも売られています。 喪服としての用途を含め、いろいろなケースを考えてブラックフォーマルを用意しておきたいものです。