気をつけたいブラックフォーマルの小物使い

ブラックフォーマルB-GALLERY

気をつけたいブラックフォーマルの小物使い

まず、ブラックフォーマルとは冠婚葬祭で身に着ける礼装の中で、黒のものを指します。男性は、ネクタイ一本で冠婚葬祭すべて対応できますが、女性の場合は、通常、葬儀や法事などで身に着ける黒い服のことを言います。ですが、ただ黒い服と言っても普段着ているようなものではなく、礼装として着る服になりますので、上質な素材感のものを選ばなくてはなりません。ですので、ブラックフォーマルを装う場合、礼装だということをおさえ小物使いも慎重に合わせなくてはいけません。まず、ネックレスやイヤリングですが、定番は真珠です。他には黒曜石やジェット、オニキスなど黒いものも合わせることは可能です。

ですが、注意したいのが、一連のものをつけるということです。何連にもなっているものは、不幸が重なることを意味する場合があります。また、長いものや大粒すぎるものは派手な印象になりますので、注意が必要です。次にバックは、黒で光沢のない布か革製品を用意します。ですが、年配の方には革製品を好まない方がいらっしゃいますので、できれば小型の布製品がいいかと思います。小型だと荷物が入りませんので、フォーマル用にひとつサブバックを用意するのもよいでしょう。あと、忘れてはいけないのが、念珠と袱紗とハンカチなどの小物です。念珠は宗派によって違うので確認が必要です。また、手袋も肌の露出を抑えるのに役立ちます。このように、ブラックフォーマルを装う場合、小物使いにも注意が必要なことを覚えておくと、恥をかかず失礼にもなりませんので、是非覚えておきたい一つです。