ブランドでブラックフォーマルを選びますか

ブラックフォーマルB-GALLERY

ブランドでブラックフォーマルを選びますか

まず、ブラックフォーマルとは冠婚葬祭で着る黒い服のことを指します。男性の場合、黒いスーツで、白か黒のネクタイですべて対応できるようになっていますが、女性の場合、葬儀や法事などで装う黒い服のことを差します。ですが、普段着ているような黒い服ではなく、やはり礼装として装う服装となりますので、上質な生地で品のあるものを用意する必要があります。葬儀や法事など哀悼の意を表す場所で装う服ですので、本来肌を隠す必要があります。ですので、ブランドもののファッショナブルなものよりも、品格を備えていることの方が重要だと思います。そして、いろいろデザインされているようなものより、無地のシンプルなものを用意します。

ですが、この無地のシンプルなものほど、生地の質感や仕立ての良しあしが一目でわかりますので、大人の女性ほど気をつけたいものです。ブラックフォーマルでも、正喪服、準喪服、略喪服で少し変わってきます。正喪服は、黒の無地が基本ですが、準喪服や略喪服で着る場合ならレースが入っているものでもよいのですが、肌が透けるものは避け、控えめな印象を与えるものにしましょう。また、準喪服や略喪服の場合、織物の素材でもよいとされています。ストライプや格子織、ジャガード織など控えめな感じのものにおさえておく必要があるでしょう。このように、ブラックフォーマルとは礼装だということを抑えて、大人の女性ほど素材や質感にこだわり上品に着こなしたいものです。